2003年1月中国・上海・無錫・蘇州へ
*名古屋空港より上海まで約2時間で着きます。
  時差は、1時間です。日本時間PM6:00であれば上海は、PM5:00です。
*中国のお金の紹介見るクリック

上 海
概況
上海略称”滬”、または”申”。1927年市として設立されてから、現在中国四大直轄市
(中央政府直接管理の下にある都市)の一つ、中国で最も大きな工業基地であり、経済、
金融、貿易、科学技術、通信、及び文化の中心地である。

地理
上海は、中国の東海岸で南北では中部に位置します。東中国海に面し、揚子江がここで海
へ出ます。
西側は、江蘇省と浙江両省と隣接する上海は、内陸部との交通も便利なため、
港として恵まれています。

気温
上海は亜熱帯気候に属し、季節感がはっきりします。日照時間は充分で、雨量も十分です。
雨季が5月と9月の間で、年間降雨量の6割がその間に集中しています。
春と秋は比較的に短くて、冬と夏は比較的に長いです。年間平均気温は16℃前後。
私達が行った1月下旬は、最低気温ー3度〜0度位でしたが、風が無いので体感温度は、
静岡県と変わらない感じがしました。

面積
上海市面積6340.5平方km、中国全土面積の0.06%、南北約120km、東西約100km。
陸地面積6219平方km、水面面積122平方km。上海市郊外の崇明島は面積1041平方km、
中国第三の島です。

人口
現在、上海市の総人口は1415万、中国全人口の1.1%、上海市の人口密度は2059平方キロ/人。
流動人口は一日に250万人に達する。
日系企業数は約2500社、邦人数は6000人余り。毎年上海を訪れる海外客は100万人に上ります。
東方明珠塔(上海タワー) タワーから撮影
1991年7月30日起工 1994年10月竣工 高さ468メートル、アジアで最も高く、世界でも3番目に高い塔である。
テレビ塔は主にタワーの土台部、大きさが異なる上部球体部、下部球体部に分かれ、これらを支える支柱の直径
は9メートルに及ぶ。タワーの土台部は、主に3000平方メートルのレストラン、約2万平方メートルの
ショッピングセンターで構成される。高さ98メートル、下部球体部の直径は50メートルで、各種レジャー施設
が整っており、高さ263mメートル、上部球体部の直径は45メートルで、上海市内を一望できる。また、
高さ350メートルには、高級展望台もある。 
マメ知識)ちなみに世界第一位 カナダのCNタワー(553m)・世界第2位 ロシアのオスタンキノタワー(537m) 

    



上海の素晴らしい景色・夜景です。


無 錫
無錫は人口110万人の都市である。ここは今は絹の産地として有名であるが、
その昔は錫の産地であり有錫・・・と呼ばれていた・・・が錫が採れなくなってから
無錫と呼ばれるようになったとガイドの王(ウォン)さんに聞いた。
本当の話のようである。
太 湖 
太湖は中国で三番目に大きい淡水湖であり、その面積21,250平方キロメートルと琵琶湖
の約3.2倍の大きさである。
江蘇省の南北68km、浙江省の東西56kmに渡っており、その周囲は400kmに及んでいる。
しかし、湖の深さは意外と浅くその平均は約3mで一番深いところでも10m位とのことである。

太湖の太は大の中に大を書くことでその雄大さを表しているとか、その昔は海であったものが
長江から流されてきた砂によって湖に閉じ込められてしまったものであるそうである。
無錫 太湖遊覧船より撮影



三国城(無錫)
  
三国志の舞台となった場所です。
三国志の蜀、魏、呉が勢揃いで演技してくれます。
三国城ではこのような建造物以外に赤壁の戦いのミニチュアセットが屋外にあり、
また、小説「三国志」では馬に乗って戦う場面が、いたるところに描写されているが、このような
場面の再現をここで見ることが出来る、呂布も用いた大戟を両手に持ち自在に操り猛スピード
で駆け抜ける。
あるいは、逆立ちをして・・・また、4頭が馬体をぴったりつけ猛烈な速さでカーブをしていく、
人馬一体となったその豪快さに驚かされます。合戦場面とこの馬乗り技術は、必見です。(^^;
本当にビックリしました。



蘇 州
無錫から蘇州へは大運河沿いに下る。蘇州は2,500年前の呉越の時代には呉の国であった。 
大運河は北は北京から南の江蘇省までの1,794kmに渡って掘られており、中国の流通の大動脈
としてその役割を果たしている。

蘇とは揚子江(長江)の南側をさしているんだそうです。
蘇州は人口88万人で大運河にかこまれ水郷の街と云われており、水の都で緑が多く庭園の街
とも呼ばれている。

蘇州 拙政園
拙政園(せっせいえん)。蘇州四大名園の一つで中国四大名園の一つにもなっています。
拙政園は世界遺産としての「蘇州古典園林」の主格です。
中国庭園のモデルとして事実上中国No.1の庭園と言えます。
拙政園は、1509年(明王朝の正徳4年)に官僚の王献臣によって造営されたそうです。
王献臣は官僚を追放され、故郷の蘇州に戻りました。愚かなものが政をつかさどるという
意味で「拙政」と名をつけたという説があります。
面積約5ヘクタールの拙政園は蘇州の庭園の中でもっとも広い。
8年の年月を費やして造られたそうです。 



寒山寺(かんざんじ)
寒山寺は蘇州の西はずれにある。
延々と続く黄色い壁が見え,寒山寺(かんざんじ)に到着。中国のお寺は外塀を黄色く塗っていて
すぐに判るようになっている。
517年に創建された小さな寺で鐘が鳴るなる・・で知られた寺で、この寺の鐘を3度搗けば
無病息災(10歳若返るという鐘)でいられるとか
(料金をしっかりとってました(^^;)
 
 


虎丘(こきゅう)
虎丘斜塔は961年に建立されてものである。その高さは47.5mあり「東洋のピサの斜塔」と
言われている。
ちなみに蘇州は「東洋のベニス」と言われている。蘇州はイタリアと縁が深いようだ。
八角七層の塔で、この塔は明代から傾斜しはじめて今では約15度ほど傾斜している。
斜塔以外に大きな目玉はないものの,剣を試す試剣石があったり小舟の浮かぶ小さな運河が
あったりして,広々とした公園の散歩が楽しい。ここかしこに“龍のヒゲ”という植物が生えている。

雲岩寺塔

“龍のヒゲ”という植物です。

        剣を試す試剣石


上海新名所 新天地(石庫門)の風景
石庫門は、1920〜30年頃の市民の共同住宅で、“古き良き時代”を思わせる
上海独特の建物。
近年の大型都市化と共に消えゆく石庫門を保護する為、01年末に上海文化の
シンボルである旧石庫門街を上海新天地にきれいに改造し、上海の新名所ができました。
私達が泊まったホテルです。

2泊まったホテル(上海)
千鶴賓館
ホテルランク  ★★★ 

1泊した日本風の建物庭園
SUZHOU ROYAL GARDEN HOTEL 
蘇州蘇苑飯店 
ホテルランク  ★★★ 

*中国のお金の紹介見るクリック
 


HOMEへ戻る
inserted by FC2 system